MT4 スワップ計算方法

解説・方法

 MT4のスワップの計算方法は次の 4つがあります。

 ① スワップポイントによる計算。
 ② 基軸通貨による計算。
 ③ 金利による計算。
 ④ 決済通貨による計算。

 ここでは、現在使用している MT4が①~④のどの計算方法を採用しているかを確認する方法と①~③の各計算方法について解説します。④の計算方法については管理人はこの計算方法を採用している MT4に出会ったことがないので省略させて頂きます。

スワップ計算方法の確認

 現在使っている MT4のスワップの計算方法は次の作業で確認できます。

MT4画面「気配値表示」で右クリック「仕様」をクリック。

「スワップタイプ」の行に使用している MT4の計算方法が記載されています。
「買いスワップ」と「売りスワップ」の行には「スワップタイプ」に対するスワップ額を計算するための値が記載されています。

 また、これらはMarketInfo関数でも取得することができます。MarketInfo関数では各計算方法に応じて 0~3の値が得られます。次表を参考にしてください。

 各表示は次の計算方法に対応します。

計算方法表示内容
① スワップポイントポイント0
② 基軸通貨USD (基軸通貨コード)1
③ 金利パーセント表示2
④ 決済通貨JPY (決済通貨コード)3
②と④は通過ぺアによって通貨コードの表示が変わります。
MarketInfo(Symbol(),MODE_SWAPTYPE)関数で取得できる値。

スワップ(円)の計算方法

 各計算方法の例として、(例1)で対日本円の通貨としてUSDJPY、(例2)で対日本円以外の通貨としてEURUSDの 1万通貨あたりの買いの「スワップ(円)」を求めます。

各計算方法の数式と計算の定義

数式の定義

 上記の「スワップ計算方法の確認」で取得した値(スワップ値)を使って①~③の方法で計算します。①~③で使われる各数式の定義は次のとおりとします。

スワップ(円)計算するスワップ金額です。日本円換算した結果です。通常は 1万通貨あたり 1日に付与される金額を表示します。
スワップ値「スワップ計算方法の確認」で取得した「買いスワップ」または「売りスワップ」の値です。
Point対象通貨ペア価格の最小値です。この値は Point関数で取得することができます。
通貨量
(Lot数)
ここでは 1万通貨として計算します。通常MT4を採用しているFX会社の Lot数(ロット数)は 1万通貨 = 0.1Lot になっています。(※例外もあります)
基軸価格(円)基軸通貨を日本円に換算した値です。
決済価格(円)決済通貨を日本円に換算した値です。決済通貨が日本円(JPY)の時は「1」が使用されます。決済通貨が日本円(JPY)以外の時は、各国の通貨を日本円レートに換算します。
通貨価格対象通貨ペアの価格です。決済通貨コードの単位で表示されます。通貨価格は、
通貨価格 = 基軸価格(円) ÷ 決済価格(円)
が成り立ちます。
例えば、
対象通貨ペア:EURUSD = 1.1ドル/ユーロ、基軸通貨:EURJPY = 154円/ユーロ、決済通貨:USDJPY=140円/ドル は、
EURUSD = EURJPY ÷ USDJPY
1.1ドル/ユーロ = 154円/ユーロ ÷ 140円/ドル
が成立します。

計算の定義

計算例で使用する通貨ペアと価格

 ここで使用する通貨ペアとレートは次のとおりとします。
  USDJPY = 140 円 /ドル
  EURJPY = 154 円 /ドル
  EURUSD = 1.10 ドル/ユーロ

数値の丸め

 小数点以下の数値の丸めは FX会社ごとに違います。四捨五入をしているところもありますが、多くのFX会社は、スワップがプラスの時は小数点以下は切り捨て、スワップがマイナスの時は小数点以下は切り上げになっています。
 ①~③の計算例は同様(プラス切捨、マイナス切上)の数値丸めをしています。

① スワップポイントによる計算

計算式

スワップ(円) = スワップ値 × Point × 通貨量 × 決済価格(円)

(例1) USDJPY【対日本円の場合

 買いスワップ値 = 16.9、Point = 0.001 の時

 スワップ(円) = 16.9 × 0.001 × 10000 × 1
 スワップ(円) 169 (円)

(例2) EURUSD対日本円以外の場合

 買いスワップ値 = -5.9、Point = 0.00001 の時

 スワップ額(円) = -5.9 × 0.00001 × 10000 × 140
 スワップ額(円) -83 (円)

② 基軸通貨による計算

計算式

スワップ(円) = スワップ値 × Lot数 × 基軸価格(円)

(例1) USDJPY【対日本円の場合

 買いスワップ値 = 15.02 の時

 スワップ額(円) = 15.02 × 0.1 × 140
 スワップ額(円) 210 (円)

(例2) EURUSD対日本円以外の場合

 買いスワップ値 = -5.61 の時

 スワップ額(円) = -5.61 × 0.1 × 154
 スワップ額(円) -87 (円)

③ 金利による計算

計算式

スワップ(円) = スワップ値 ÷ 100 × 通貨量 × 基軸価格(円) ÷ 360

※「100」はスワップ値を100分率にするものです。最後尾の「360」は 1年間分の日数です。1年間は360日として計算されます。

(例1) USDJPY【対日本円の場合

 買いスワップ値 = 5.38 の時

 スワップ額(円) = 5.38 ÷ 100 × 10000 × 140 ÷ 360
 スワップ額(円) 209 (円)

(例2) EURUSD対日本円以外の場合

 買いスワップ値 = -1.7 の時

 スワップ額(円) = -1.7 ÷ 100 × 10000 × 154 ÷ 360
 スワップ額(円) 73 (円)

各FX会社のスワップ計算方法

 参考までに各FX会社が採用しているスワップの計算方法を記載しておきます。

計算方法MT4使用FX会社
① スワップポイントフォレックス・エクスチェンジ (俺のMT4)
楽天FX
XMTrading
② 基軸通貨ゴールデンウェイ・ジャパン (FXTF)
③ 金利外為ファイネスト
アヴァトレード・ジャパン

 楽天FXは MT4上にスワップポイントを表示させていないので MT4上での確認やMarketInfo関数での取得ができません。楽天FXのスワップ額はHP上で確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました