MT4 デモ口座開設 おすすめ国内FX会社

MT4

デモ口座とは、リアル口座(実際に取引する口座)と同じような環境で取引が体験できる口座のことです。デモ口座では、実際の為替レートを利用して実際のトレードに近い環境で取引ができます。もちろん、ご自身のお金が無くなることはありません。

EAを制作するにあたり必ずデモ口座が必要になります。ここではデモ口座を開設するにあたりおすすめの FX会社を紹介します。

MT4 デモ口座開設 おすすめ国内FX会社

一覧は各FX会社のデモ口座のおすすめ順です。デモ口座のスペックで評価しています。

デモ口座の特徴(スペック)の項目は次のとおりです。
①使用可能期間 ②初期証拠金 ③スキャルピング可否 ④デモ口座開設ページ ⑤各FX会社MT4ダウンロードページ 説明書 (インストールマニュアル)

実際にデモ口座を選ぶ時はデモ口座を選ぶ時の注意点も参考にして決めるとよいでしょう。

MT4が使える国内 FX会社でも EAは使えないといった FX会社もあります。EAが使えなければ MT4は半分以上意味がありません。次の一覧からは EAが使えない FX会社は除いています。

(2024年2月 調査)

 MT4(EA)対応FX会社名デモ口座の特徴
1
詳細スペックはこちら
①無期限、但し 90日間ログインが無いと無効。
②初期証拠金最大 21億4748万3647円(変更可能)
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ
FOREX ECHANGE版 MT4 説明書
2
詳細スペックはこちら
①無期限、但し 30日間ログインが無いと無効。
②初期証拠金 500万円
③スキャルピングは公認されていません。
デモ口座開設ページ

 あらかじめ楽天証券口座を開設する必要があります。

楽天FX版 MT4
3FXTF
詳細スペックはこちら
①無期限、但し 30日間ログインが無いと無効。
②初期証拠金 100万円
③スキャルピングは公認されていません。
デモ口座開設ページ

 デモアカウントはページ下部にあるリンク先から取得できます。アカウントの発行に制限がかかった場合は、しばらく時間をおいてから再度アカウントの発行ページを表示してみてください。

FXTF版 MT4 説明書
4
詳細スペックはこちら
①90日間
②初期証拠金 100万円(法人は1000万円)
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ
外為ファイネスト版 MT4 説明書

 上部メニューバーの「取引プラットフォーム」→「MT4・ZEROダウンロード」からダウンロード

5
詳細スペックはこちら
①60日間

 ページ画面を下にスクロールしていくと「60日間のトライアル用デモ口座はこちら」とありますが、管理人は定期的にログインすれば60日間以上動かすことが出来ることを確認しています。

②初期証拠金 250万円
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ

 1つのメールアドレス対して 1つのデモ口座が開設できます。

FOREX.com版 MT4 説明書
6①30日間
②初期証拠金 300万円
③スキャルピングは公認されていません。
デモ口座開設ページ
OANDA版 MT4 説明書

 ログイン設定後、ダウンロードができます。

7①30日間
②初期証拠金最大 1億円(変更可能)
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ
Dukascopy版 MT4 説明書
8①21日間
②初期証拠金 - 円
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ

 トップページの真ん中より少し下にもデモ口座開設ボタンがあります。

AVATRADE版 MT4 説明書
9
 旧社名:EZインベスト証券
① -
②初期証拠金 - 円
③スキャルピング OK!
④デモ口座無し

 2023年10月28日にデモ口座サービスは終了しました。

10
※海外FX業者
①無期限、但し 90日間取引が無いと無効。
②初期証拠金最大 500万円(変更可能)
③スキャルピング OK!
デモ口座開設ページ
XMTrading版 MT4 説明書

 OSがWindowsの場合「PC対応MT4」を選択してください。

※XMTrading(エックスエムトレーディング)は国内FX業者ではなく海外FX業者です。

「スキャルピングは公認されていません」とはスキャルピングができないという意味ではありません。公認されていないだけです。この場合、1分以内に連続取引する時は警告されたり取引に制限がかかることがあります。

デモ口座の評価ポイント

  1. デモの期間に制限が無いこと、または、期間が長いこと
  2. 初期の証拠金の設定金額が大きいこと
  3. スキャルピングが可能

1.デモの期間に制限が無いこと、または、期間が長いこと

有効期限があるデモ口座の場合、再度デモ口座の申請が発生しますので、手間を省くため期限が長いものを選ぶ方が良いです。

又、無期限であっても一定期間ログインをしないと無効になってしまうデモ口座もあります。

EA完成後はしばらく使わなくなることもあるので出来ればログインの期間制限が長い方が良いです。

2.証拠金の設定金額が大きいこと

証拠金は FX取引で使用できる金額になります。

この金額が低いと証拠金が無くなった場合、デモ口座の有効期間内であっても取引ができなくなるため、FX会社へデモ口座の金額を戻すように連絡するか、デモ口座を再申請するかになってしまします。

これも手間がかかるので初期の証拠金は大きい方が良いです。

※デモ口座は仮のお金を FX会社が発生させるのでご自身のお金が無くなることは有りません!

3.スキャルピングが可能

できればスキャルピングが認可されている FX会社を選んだ方が良いです。

デモ口座でテストをする時に同じ注文番号の注文を新規取引と決済を続けてプログラミングすると決済ができなかったり、連続した注文ができない場合があります。

又、スキャルピングができる FX会社はサーバーがしっかりしている傾向があります。

デモ口座を選ぶ時の注意点

実際にデモ口座を開設する時は、ご自身が使おうと考えている FX会社のデモ口座を開設するのが良いです。

FX会社によってはデモ取引ができる期間が短く、また初期設定金額が小さいなどあり、デモ口座の使い勝手が悪いということもありますが、FX会社によって取引方式が違うことがあります。

そのため、FX会社ごとに微妙に動作する、しないプログラムコードが発生することがあるので予め自分が使う予定のFX会社でEAを作成することをおすすめします。

(参考) 動作しなかったプログラム

楽天FXは新規注文(OrderSend関数)後の直ぐの決済(OrderClose関数) 又は 他のポジション決済後の直ぐの新規注文ができないことがあります。(OrderClose関数にある使用例のコードができない例なので参考にしてください。フォレックス・エクスチェンジ、FXTF、外為ファイネスト、FOREX.com、XMTrading はできました。2023年11月時点) ですので、楽天FXで使う EAを作成する際は、これらの動作が重ならないよう 又は 重なっても大丈夫なようにプログラミングをする必要があります。

また、FX会社ごとスプレッドやスワップ(計算方法等)、MT4の仕様が異なっており、各通貨ペアや取引形態(スキャルピングやスイングトレード等)によって得意とする FX会社が違ってきます。

ですので次のページを参考にしてご自身のトレードスタイルにあったFX会社の口座を選ぶようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました